【必見】障害者が稼ぐならWebライターがおすすめ!理由を当事者が解説

ため
未経験から検索上位多数の障害者Webライター・障害者ブロガー|ブログ収益6桁|障害者の仕事、障害者の副業、障害者の生活、障害者の生き方をメインに発信予定|障害者でも夢は叶えられることを体現中!
こんなあなたのための記事です
  • 稼ぐ方法を探している障害者の方
  • 移動が困難で在宅ワークをしたい障害者の方

Webライターは、障害を気にせず、自分のスキルで稼げますよ!
しかも完全在宅勤務です!出社は一切ありません!!

悩む人のアイコン画像悩む人

何それ?教えて!
移動が困難だから、在宅で稼ぐ方法を探してて...

ご覧いただきありがとうございます。そんな悩みを解決します。

この記事で解決できること・わかること
  • 障害者が稼ぐ方法としてWebライターがおすすめな理由
  • Webライターとは何をする人?【仕事内容】
  • Webライターはどれぐらい稼げるのか
  • Webライターのデメリット
  • Webライターのメリット
  • Webライターの始め方
  • 始めた際の注意点

ーこの記事の信頼性ー

ためのTwitterアカウント(@tame3_tame3

障害があると移動が大変で、「在宅で稼ぎたい!」って思いませんか?

僕は強く思いました。

転職活動をした際も「移動が大変なので在宅勤務が良い」という要望を出しましたが、仕事が見つからず...

そんな時にWebライターを始めたところ、在宅で稼ぎたいだけ稼げるようになったのです。

今回は、【障害者が稼ぐ方法としてWebライターがおすすめ】についてお伝えします。

ためのアイコン画像ため

読み終えた時には、障害があっても稼げることを知ることができます。
そして、きっと理想を現実にする一歩を踏み出せますよ。

目次

障害者が稼ぐ方法!Webライターがおすすめな理由

結論から言って、障害者が稼ぐ方法としてWebライターがおすすめです。

その理由は4つあります。

Webライターがおすすめの理由
  1. スキル習得が簡単にできる
  2. 自分のスキルで稼げる
  3. 在宅勤務ができる
  4. 実績になる

理由を説明していきますね。

スキル習得が簡単にできる

おすすめの理由1つめは、スキル習得が簡単にできること。

就労支援サービスと比較すると一目瞭然です。

就労支援サービス

  • スキルを習得するまでに1年程度掛る
  • 所定のカリキュラムを終らせる必要がある
  • 復習・予習・検定試験の勉強をする必要がある

Webライター

  • 3ヵ月程度でスキルが身に付く
  • 本を読む+実際に文章を書くだけ

就労支援サービスの場合、「スキル習得⇒仕事の獲得」なので、稼ぐまでに時間が掛ります。

一方、Webライターの場合、記事を書けばスキルが身に付くので、すぐ稼げるようになるのです。

自分のスキルで稼げる

おすすめの理由2つめは、自分のスキルで稼げること。

Webライターが記事を作成する際、様々な技術を駆使します。

  • 文章表現の技術
  • 読みやすくする技術
  • 分かりやすく伝える技術

上記の技術が詰まった記事を納品するとお金が発生するので、Webライターは自分のスキルで稼げる職種と言えます。

在宅勤務ができる

おすすめの理由3つめは、在宅勤務ができること。

Webライターは、パソコンさえあれば家で仕事ができます。

今は新型コロナウィルスの関係で、リモートワークやテレワークが増えましたが、それでもまだ月に何度か出社する必要があります。

しかし、Webライターは出社する必要が全くありません。

ためのアイコン画像ため

完全在宅勤務なので、感染リスクが激減しますよ。

実績になる

おすすめの理由4つめは、実績になること。

記事が成果として認められるので、以下のことが期待できます。

期待できること
  • 転職活動が有利になる
  • 仕事の幅が広がる

詳しく見ていきましょう。

転職活動が有利になる

まず、転職活動が有利になること。

文章力を必要としている職種への転職がしやすくなります。

転職エージェントを利用した際の一コマ

僕の体験談です。

転職エージェントの担当者のアイコン画像転職エージェントの担当者

お時間を取っていただき、ありがとうございます。
早速ですが、現在のご職業を教えていただけませんか?

ためのアイコン画像ため

Webライターです。
転職系・ビジネス系メディアで、執筆しています。

転職エージェントの担当者のアイコン画像転職エージェントの担当者

そうなんですね!
どのような記事を書いているんですか?

ためのアイコン画像ため

転職ノウハウ、マーケティング、ITの解説記事を書いています。

転職エージェントの担当者のアイコン画像転職エージェントの担当者

広報の経験をしっかり積まれていますね!
そんなため様にぴったりの求人がございます!

そして、外資系企業のバックオフィス・大手不動産企業の広報など5社ぐらい紹介してもらいました。

  • 健常者と同水準の給料
  • 提携施設の優待利用

など、条件がすごく良かったですね。

仕事の幅が広がる

次に、仕事の幅が広がること。

Webライターを経験すると、以下の仕事も行えるようになります。

  • 校閲者
  • ブロガー
  • コピーライター
  • Webマーケッター
  • SEOコンサルタント
  • Webサイトのディレクター

以前、転職サイトのプロフィールに「Webライターの経験有」と書いたら、デザイン会社、広告会社からコピーライターのオファーがありました。

つい最近では、「Webサイトの担当者をしてもらえませんか?」と声を掛けられたのです。

WebライターとはWebサイトの文章を書く人

悩む人のアイコン画像悩む人

そもそも、Webライターとは?

ためのアイコン画像ため

ざっくり言うと、Webサイトの文章を書く人のことを言います。

厳密に言えば、WebライターとはWebコンテンツを作る専門家です。

  • Web記事の作成
  • SEOキーワード選定
  • 見出し・記事タイトルの作成
  • 他のWebライターが書いた文章を直す
  • Webサイトの運営・ディレクション業務

などを行います。

Webライターの需要は拡大している

メディアトレーダーが発表したデータによると、インターネット広告費は毎年右肩上がりです。

引用;メディアレーダー

これが意味するのは、企業活動の主軸がインターネットになってきたということ。

例えて言うなら、インターネット上にお店をどんどん出店しているようなものですね。

ためのアイコン画像ため

このお店を切り盛りするのが、Webライターです。

AIに仕事を奪われる心配が無い

さらに、WebライターはAIに仕事を奪われる心配がありません。

というのも、AIは学習させられないことはできないからです。

AIに学習させられないこと
  • 倫理観が伴うこと
  • 道徳観が伴うこと
  • 文章に感覚を入れること
  • 文章から感情を読み取ること

上記ができるのはWebライターのみ。

なので、WebライターはAIに仕事を奪われる心配がありません。

未経験でも始めやすい

そんなWebライターは、未経験でも始めやすいです。

  • 結論から先に書く
  • 文言の重複を避ける
  • ですます調で統一する
  • キーワードを何個以上使用する

などのルールを守れば、誰でもWebライターになれます。

ためのアイコン画像ため

実際、僕は障害者になってから、Webライターになりました。

Webライターの収入は人それぞれ

悩む人のアイコン画像悩む人

そうなんだ~。
Webライターっていくら稼げるの?

ためのアイコン画像ため

人によって異なります。

文字単価で決まる

悩む人のアイコン画像悩む人

なんで??

人によって稼ぐ金額が変わる理由は、文字単価が違うから。

  • 文字単価2円の場合:5,000文字の記事×10記事納品=100,000円
  • 文字単価0.5円の場合:5,000文字の記事×10記事納品:25,000円

当たり前のことですが、文字単価が低ければ稼げませんが、文字単価が高ければ稼げます。

文字単価の相場一覧

悩む人のアイコン画像悩む人

そうなんだ~。
文字単価の相場ってどれくらいなの?

Webライターの文字単価相場は、スキルによって変わります。

スキルは経験年数にて測られるので、大まかな目安として以下を参照してください。

~3ヵ月0.2円~0.5円
3ヵ月~6ヵ月0.5円~0.8円
6ヵ月~1年0.8円~1.0円
1年~1.5年1.0円~1.5円
1.5年~2年1.5円~2.0円
2年以上~2.0円~
スマホの方は横にスクロールできます
ためのアイコン画像ため

上記は目安なので、3ヵ月で文字単価2.0円ということもありますよ。

Webライターのデメリット4つ

悩む人のアイコン画像悩む人

Webライターって良さそう

ためのアイコン画像ため

でも、慣れるまでが大変です。
最初の頃は以下のデメリットがあります。

Webライターのデメリット
  1. 記事作成に慣れるまでに時間が掛る
  2. スケジュール管理が大変になる
  3. 常に勉強をする必要がある
  4. 収入にバラつきがある

一つずつ説明していきますね。

記事作成に慣れるまでに時間が掛る

Webライターのデメリット1つめは、記事作成に慣れるまでに時間が掛ること。

Webライター未経験の場合

  • PC操作
  • タイピング
  • 記事の書き方

を覚える必要があります。

僕がWebライターを始めた時、上記を学習しながらだったので、2,000文字の記事を作るだけでも2日~3日掛かりました。

しかし、今は2,000文字の記事は2~3時間もあれば完成するので、他の仕事をしながらでも記事が作れます。

ためのアイコン画像ため

その経験から言えるのですが、最初の頃は数をこなして体で覚えるのが良いですね。

スケジュール管理が大変になる

Webライターのデメリット2つめは、スケジュール管理が大変になること。

時間帯関係無しに業務連絡が来るので、業務連絡に追われます。

また、記事には納期があるので、記事の納品に追われることがしばしば。

  • 10/6 A案件納品
  • 10/6 B案件納品
  • 10/6 C案件 修正納品

ということもあります。

僕の工夫

僕は最初の頃、スケジュール管理ができなかったので、フランクリンプランナーを購入。

月間ページ
週間・日間ページ
  • 年間スケジュールが立てられる
  • 月間スケジュールが立てられる
  • 日間スケジュールが立てられる
  • タスクに優先順位が付けられる

ので、スケジュール管理ができるようになりました。

フランクリン・プランナー公式通販

常に勉強をする必要がある

Webライターのデメリット3つめは、常に勉強をする必要があること。

より品質の高い記事を書くために

  • SEOスキル
  • ライティングスキル
  • Webマーケティングスキル

のアップデートを続けなければなりません。

ためのアイコン画像ため

最初は勉強量が多くて「大変だな」と思いますが、後にお金に変わりますよ。

収入にバラつきがある

Webライターのデメリット4つめは、収入にバラつきがあること。

前途でWebライターの文字単価の相場の目安をお伝えしましたが、実際は記事によって文字単価が異なります。

経験年数が1年の場合
  • グルメ記事・・・1.0円
  • トラベル記事・・・1.2円
  • ビジネス記事・・・1.5円

さらに、記事の納品数で報酬が決まるので、収入が安定しません。

具体例

具体例です。「経験年数が1年の場合」を基にしています。

8月

  • グルメ記事×1本
  • トラベル記事×1本
  • ビジネス記事×4本

※5,000文字の記事

計:82,000円

9月

  • グルメ記事×3本
  • トラベル記事×3本
  • ビジネス記事×0本

※5,000文字の記事

計:66,000円

このように、どの記事をどれだけ納品したかで収入が変わるので、別の収入路を確保しておくと良いです。

ためのアイコン画像ため

ココナラに出品が無難ですね。

Webライターのメリット4つ

悩む人のアイコン画像悩む人

デメリットも結構あるんだね。

ためのアイコン画像ため

でも、デメリットを克服すればメリットの方が圧倒的に強くなりますよ。

Webライターのメリットは4つあります。

Webライターのメリット
  1. 専門知識が身に付く
  2. ライティング力が身に付く
  3. リサーチ力・情報力が身に付く
  4. メンタルが強くなって何でもできる

一つずつ説明していきますね。

専門知識が身に付く

Webライターのメリット1つめは、専門知識が身に付くこと。

  • SEOの専門知識
  • 記事作成の専門知識
  • Webサイト運営の専門知識
  • ネット販売・集客の専門知識

を習得できます。

今はインターネット社会。

どの企業もインターネットに注力しているので、上記の専門知識を持つ人を欲しがっています。

専門知識を身に付ければ障害を克服できる

専門知識さえ身に付ければ障害を克服できます。

専門知識を身に付ける前

ためのアイコン画像ため

本日はよろしくお願いします。

経営者のアイコン画像経営者
早速だけど、スキルを教えてくれる?
ためのアイコン画像ため

日常生活レベルですが、ExcelとWordが使えます。

経営者のアイコン画像経営者
スキルが無いと、障害者の雇用は難しいなぁ。

専門知識を身に付ける前は、一言で言ってお払い箱。

どんなにアピールしても取り合ってもらえませんでした。

専門知識を身に付けた後

ためのアイコン画像ため

本日はよろしくお願いします。

経営者のアイコン画像経営者
早速だけど、スキルを教えてくれる?
ためのアイコン画像ため

SEO、Webマーケティング、Webライティングのスキルがあります。キャリアとしては1年ぐらいですかね。

経営者のアイコン画像経営者
我が社で活かせないか?障害のことはできる限り考慮する。

専門知識を身に付けた後は、色々なところから声がかかるようになりました。

中には、「これ、超高待遇だよね?」と思える待遇でのお誘いもあったのです。

ライティング力が身に付く

Webライターのメリット2つめは、ライティング力が身に付くこと。

  • どういう順番なら伝わるか
  • わかりやすい表現は何か

を考えながら記事を書くので、圧倒的な文章作成力が習得できます。

論理思考力が鍛えられる

ライティング力が身に付くと論理思考力が鍛えられます。

なぜなら、読者に伝わるロジックで記事を作成するから。

論理思考力が鍛えられると、

  • 分析力
  • 問題発見能力
  • 問題解決能力

が向上するので、社内・現場の第一線で活躍できます。

ためのアイコン画像ため

誰も解決できないことを簡単に解決できるので、障害があっても重宝されますよ!

リサーチ力・情報力が身に付く

Webライターのメリット3つめは、リサーチ・情報力が身に付くこと。

Webライターは記事を作る際、短時間で多くの情報を精査して、正しい情報に基づいて執筆をします。

それが活きるので、短い時間で正確な情報をピックアップできるのです。

ためのアイコン画像ため

1時間かかる調べものも15分で終わります。
さらに、誰も気づかなかったことにすぐ気づけますよ。

メンタルが強くなって何でもできる

Webライターのメリット4つめは、メンタルが強くなって何でもできること。

Webライターは自由な働き方ができる分、自分一人で仕事をこなしたり、問題を解決しなければなりません。

一聞すると厳しいように思えますが、逆にこの環境が成長の機会になります。

というのは、メンタルが鍛えられるからです。

メンタルが鍛えられると、ちょっとやそっとのことで動じなくなり、不安や恐怖に打ち勝てます。

ためのアイコン画像ため

自信も身に付くので、何をやっても成功する可能性がぐっと高まりますよ。

障害者でも大丈夫!未経験からのWebライターの始め方

悩む人のアイコン画像悩む人

へぇ~。
Webライターの始め方は?
どうやって始めれば良いの?

ためのアイコン画像ため

以下のステップを踏むだけです。

STEP
クラウドソーシングに登録する
STEP
プロフィールを書いてアピールする
STEP
気になった記事作成案件に応募する
STEP
テストライティングを受けて合格する
STEP
Webライターデビュー!記事作成を開始する

プロのWebライターとして活動している人の多くが、このステップを踏んでいます。

ためのアイコン画像ため

僕も踏みました。

ぜひ参考にしてみてください。

ステップ①:クラウドソーシングに登録する

まずは、クラウドソーシングに登録しましょう。

クラウドソーシングとは、インターネット上で行われる仕事の発注と受注の取り引きのこと。

未経験OKのライティング案件を取り扱っています。

未経験ならこのクラウドソーシング

悩む人のアイコン画像悩む人

どのクラウドソーシングに登録すれば良いの?

ためのアイコン画像ため

以下ですね。

利用料、完全無料

クリックするとページが移動します

クラウドソーシングは色々ありますが、上記3つは未経験OKのライティング案件が豊富と評判です。

ステップ②:プロフィールを書いてアピールする

クラウドソーシングに登録したらプロフィールを書きましょう。

発注者はプロフィールを読んでオファーをするかしないかを決めます。

なので、プロフィールをしっかり書けばアピールすることができます。

プロフィールの書き方

悩む人のアイコン画像悩む人

プロフィールはどう書けば良いの?

ためのアイコン画像ため

僕が実際に使った書き方をご紹介します。
参考にしてみてください。

プロフィール例

はじめまして。ためと申します。

福祉関係のWebメディアの立ち上げを目指し、2019年5月からWebライターとして活動しています。

読者様が満足するよう、日々スキルアップに励んでおります。

【お仕事ポリシー】

  • ルールを厳守
  • 納品期日を厳守
  • 臨機応変な対応
  • スピーディーな連絡

面接と同じく、発注者は受注者の心意気を見ます。

心意気が伝われば、「この人に仕事をお願いしたい」と思わせられるのです。

ステップ③:気になった記事作成案件に応募する

プロフィールを書き終わったら、案件に応募しましょう。

「え?いきなり?」

と思うかもしれませんが大丈夫です。

ためのアイコン画像ため

未経験でも応募できます。

応募のポイント

案件に応募する時は「なぜやりたいのか?」を明確にしましょう。

  • 書けるジャンルを増やしてスキルアップをしたい
  • 〇〇ジャンルのライターとして活躍したい

というのは、発注者は「なんでうちでやりたいの?(応募動機)」を重点的に見ているからです。

ステップ④:テストライティングを受けて合格する

案件に応募すると、発注者からテストライティングの案内が来ます。

テストライティングとは、500文字程度の記事を書くこと。

文章力や構成作成力が測られます。

テストライティング合格のポイント

テストライティングに合格するポイントは、発注者のメディアに掲載されている記事を真似ることです。

というのは、ディレクターや校閲者がチェックして掲載基準を満たしているから。

ためのアイコン画像ため

掲載されている記事を模倣すれば、発注者が求める品質になりますよ。

ステップ⑤:Webライターデビュー!記事作成を開始する

テストライティングに合格すると、晴れてWebライターとして活躍できます。

最初のうちは記事作成マニュアルを読みながら、記事作成を行ってくださいね!

ためのアイコン画像ため

校閲者から添削も受けられるので、短期間でスキルが身に付きますよ!!

Webライターとして活動する際の注意点5つ

悩む人のアイコン画像悩む人

Webライターとして活動する際に注意することってある?

ためのアイコン画像ため

5つあります。

注意点
  1. 0.1円以下の案件に応募しない
  2. レギュレーションを守る
  3. 納品期日を厳守する
  4. 修正依頼は迅速に
  5. 勉強をする

一つずつ説明していきますね。

0.1円以下の案件に応募しない

クラウドソーシングには0.1円以下の案件が多くあるのですが、これには応募しないでください。

なぜなら、得るものが全くないから。

1記事50円で書かされるだけ

0.1円以下の案件の多くが「技術を教えますよ」「技術が身に付きますよ」と謳っています。

しかし実際は、一記事50円で書かせているだけです。

悪質なところだと、アフィリエイトリンクを踏ませてレビュー記事を書かせ、発注者だけがアフィリエイト報酬を得ています。

ためのアイコン画像ため

さらに、実績にならないので、絶対にやらない方が良いです。

レギュレーションを守る

レギュレーションとは、記事作成マニュアルのこと。

  • 記事の書き方
  • 装飾の仕方
  • 表記の仕方

など、そのメディアの記事品質が書かれているので、しっかり読み込んでくださいね。

納品期日を厳守する

公開スケジュールに基づいて記事の発注をしているので、納品期日を守りましょう。

というのは、納品期日が遅れると、公開スケジュールが狂ってしまうからです。

修正依頼は迅速に

修正依頼が来たら迅速に対応しましょう。

なぜなら、公開スケジュールに関わって来るから。

ためのアイコン画像ため

一般的には、修正依頼期日は2日。
2日以内で直して再納品しましょう。

勉強をする

Webライターになったら、記事作成の勉強をした方が良いです。

なぜなら、短期間で実力を伸ばすことができるから。

ためのアイコン画像ため

文字単価が早く上がり、自分が望む収入を得られますよ。

勉強にはブログがおすすめ

Webライターの勉強にブログはおすすめです。

なぜなら、

  • SEO
  • キーワード選定
  • 記事構成の作り方
  • SEOライティング
  • Webライティング

などを学べるから。

さらに、実績として扱われ、広告収入を得ることができます。

ワードプレスブログ一択

ブログには色々ありますが、世界60%以上のシェアを誇り、カスタマイズが自由にできるワードプレスがおすすめです。

PCの方は画像をクリック、スマホの方はスワイプすると、大きく表示されます

発注者のほとんどがワードプレスを使っているので、アピールできます。

さらに

  • 実績として扱われる
  • 広告収入を得ることができる

というメリットがあります。

ためのアイコン画像ため

企業はワードプレスを扱える人を欲しがっているので、転職活動も有利になりますよ。

関連記事:
>>【月額500円!】WordPressブログを安く始める方法

まとめ:Webライターになって世界を広げよう

今回は、【障害者が稼ぐ方法としてWebライターがおすすめ】についてお伝えしました。

今回のまとめ
  • Webライターは障害者にメリットがある
  • WebライターとはWebサイトの文章を書く人
  • Webライターの収入は文字単価で変わってくる
  • Webライターのデメリットは不慣れから生じる
  • Webライターのメリットは障害を克服して稼げる
  • 未経験でもWebライターは始められる【始め方は5ステップ】
  • Webライターとして活動する際の注意点は5つ【気をつけよう】

Webライターは、短期間でスキルが身に付きます。

さらに、作成した記事が実績として評価されるので、転職でもフリーランスでも非常に有利になります。

ためのアイコン画像ため

世界が広がりますよ!

今すぐできること

今すぐできることです。

具体的TODOリスト
  1. クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングに登録すれば、後は案件に応募するだけ。

発注者からのオファーも期待できます!

\ とりあえず1つ選ぶならこれ /

登録者数27万人!無料で利用できます

悩む人のアイコン画像悩む人

なんか不安。
案件の獲得ができるかな。

と思ったら、ワードプレスブログを始めましょう!

実績として評価されるので、案件を獲得しやすくなります。

関連記事:
>>【月額500円!】WordPressブログを安く始める方法

ためのアイコン画像ため

障害者こそ理想を実現にしていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

未経験から検索上位多数の障害者Webライター・障害者ブロガー|2ndブログ開設3ヵ月でブログ収益10.5万円|障害者の仕事、障害者の副業、障害者の生活、障害者の生き方をメインに発信予定|障害者でも夢は叶えられることを体現中!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる