【初心者向け】読みやすいブログの『書き方・コツ大全』

こんなあなたのための記事です
  • 読みやすいブログの書き方を知りたい人
  • 読みづらさを改善したい人
  • 滞在時間を伸ばしたい人
  • 上位表示をしたい人

読みやすくなれば、滞在時間が伸びて、検索1位を連発しますよ。

悩む人

本当?

滞在時間が13秒なんだよね。圏外ばかりだし...

だから知りたいです。

ご覧いただきありがとうございます。そんな悩みを解決します。

この記事を書いている人

ためのTwitterアカウント(@tame3_tame3
この記事で分かること
  • 読みやすいブログの条件
  • 読みやすいブログの書き方
  • 読みやすいブログの書くコツ
  • 読みやすいブログを書く際の注意点
  • 【おまけ】10倍読みやすくする秘策

読みやすいブログには書き方があります。

書き方を押さえないと、いつまで経っても読みやすくなりません。ずっと読みづらいままです。

書き方を知る前
書き方を知った後

そうならないためにも、

読みやすい記事の書き方とコツを解説

します。

ため

本文で紹介する方法を使えば、ブログが生まれ変わりますよ。

以下のボタンを押すと、該当箇所までスキップします。

目次

【前提知識】読みやすいブログの条件

大前提として、ブログ読者は一字一句最後まで記事を読みません。飛ばし読みが当たり前です。

それでも内容が分かるように、ブログを書く必要があります。

ため

その点を押さえた、読みやすいブログの条件は以下3つ。

読みやすいブログの条件
  • 見やすい
  • 分かりやすい
  • イメージできる

一つずつ説明しますね。

条件①:見やすい

「見やすさ」は読みやすさを決めるもの。明瞭だと読みやすくなり、不明瞭だと読みづらくなります。

1年前に書いた記事の書き出し。
画面が文字だらけで見づらい。
今の記事の書き出し。
余白があって見やすい。

なので、「見やすさ」が読みやすさを決定。最後まで読むか読まないかを左右します。

条件②:分かりやすい

また、読みやすさは「分かりやすさ」でも決まります。

読みやすい記事は簡潔なので、内容が頭に入ります。一方、読みづらい記事は難解なので、内容が頭に入りません。

1年前に書いた記事。
精神的なステージとか難解ですよね。
今の記事。
簡潔ですよね。
ため

言葉の意味が分かるか分からないか...

ここが絡んでいますね。

条件③:イメージできる

見やすい・分かりやすいが併さると、イメージできます。

というのは、想像力が掻き立てられ、情景が思い浮かぶから。

ため

小説を読んだらシーンが頭をよぎる...

これと同じです。

読みやすいブログの書き方

続いて、読みやすいブログの書き方をご紹介します。

読みやすいブログの書き方
  1. PREP法・SDS法を使う
  2. 一文は35文字以内にする
  3. 一文の「、」は2回までにする
  4. 改行幅は二行取って文字面積を減らす
  5. 文章が続くのは2段落。3段落めは装飾を使う
  6. 箇条書きを使用したら必ず枠線やボックスを使う
  7. 重要な部分には必ず文字装飾を使って目立たせる

一つずつ説明しますね。

書き方①:PREP法・SDS法を使う

読みやすいブログは、例外なく以下の型に沿っています。

書き方の型
  • PREP法
  • SDS法

PREP法

PREP法は以下の順で話を進める文章技術です。

  1. 結論(Point)
  2. 理由(Reason)
  3. 具体例(Example)
  4. 結論(Point)

結論を先に言うことで、分かりやすく伝えられるのが特徴。「結論⇒理由⇒具体例⇒結論」と進むので、理解しやすいです。

結論
私はブログが好きだ。

理由
なぜなら、稼ぐ幅が広がるから。

具体例
トップページではWebデザイン、記事ではWebライター、レビューではアフィリエイトで稼げます。

結論
なので、私はブログが好きです。

SDS法

SDS法は以下の順で話を進める文章技術です。

  • S:Summary(概要)
  • D:Details(詳細)
  • S:Summary(まとめ)

同じ内容を3回伝えることで、記憶に残りやすいのが特徴。ニュース番組でよく使われています。

概要
昨日の日本シリーズでチームAがチームBに3対2で勝ち、初のリーグ優勝を飾りました。

詳細
試合は、2点差のついた9回裏、〇〇がヒットを打って1点を返して同点。続く〇〇がホームランを打って、勝利をものにしました。

まとめ
チームAは初のリーグ優勝を飾りました。

一言

両方の型を覚えると良いです。なぜなら、使い分けができるから。

  • 解説:PREP法
  • 紹介:SDS法
ため

使い分けると、表現の幅が広がりますよ。

書き方②:一文は35文字以内にする

文章の書き始めから「。」までは、35文字以内に収めましょう。

マイクロソフトの調査によると、人の集中力持続はわずか8秒。8秒で認識できる文字数は40文字と言われています。

ため

しかし、これはあくまで平均。

実際は35文字程度と考えられます。

なので、一文は35文字以内に収めましょう。

二文続けるなら70文字以内にする

二文続けるなら70文字以内がベストです。

前述のとおり、人の集中力持続は8秒です。8秒間で読める文章量は、70文字~80文字と言われています。

※:認識できるのは40文字程度。

ため

80文字は集中力持続マックスの状態。

実際は70文字ほどです。

なので、二文続けるなら70文字以内がベストです。

ちなみに、文字数を数えるなら以下がおすすめ。「右クリック⇒選択した文字数をカウント」で文字数が分かります。

書き方③:一文の「、」は2回までにする

一文の読点は、2回までにしましょう。

以下の文章を読み比べてください。どっちが読やすいですか?

今日は、良い天気だから、外へ出て、買い物しよう。

ため

読点2回じゃないですか?

読点2回はテンポが良いので、読みやすいです。一方、読点3回はテンポが悪くて、読みづらいですね。

書き方④:改行幅は二行取って文字面積を減らす

改行が一行だけだと、目が疲れて、読みづらくなります。

ため

1年前に書いた記事と今の記事です。

読み比べてみてください。

改行一行

1年前の記事は、文字だらけで読みづらいです。対して、今の記事は、すっきりしていて読みやすいですね。

ため

この違いは改行。

1年前の記事は一行、今の記事は二行です。

なので、二行改行するだけでも、読みやすくなります。

書き方⑤:文章が続くのは2段落。3段落めは装飾を使う

1年前に書いた記事。
画面が文字だらけで読みづらい
今の記事。
3段落めに文字装飾を使っています。

2段落以上続くと、スマホで見た際、画面が文字で埋まります。これだと、目が疲れるだけです。

なので、目に負担をかけないようにする必要があります。そのために、3段落めに文字装飾を使いましょう!

ため

目が休まるので、読みやすくなりますよ。

書き方⑥:箇条書きを使用したら必ず枠線やボックスを使う

箇条書きを枠で囲むと、読者の目にパッと止まります。

箇条書きはポイントを分かりやすく伝えるためのもの。なので、枠を使って箇条書きの効果を最大化しましょう。

1年前に書いた記事
今の記事

書き方⑦:重要な部分には必ず文字装飾を使って目立たせる

ブログ読者は、スクロールして重要な個所だけを拾って読みます。

なので、読んで欲しいところには強調やマーカーを使いましょう。

1年前に書いた記事。
重要なところが分からない。
今の記事。
重要なところが分かる
ため

気になった個所は、熟読されますよ。

読みやすいブログを書くコツ

続いて、読みやすいブログを書くコツです。

読みやすいブログを書くコツ
  1. 図や表を使って説明する
  2. 1スクロール(PC)に収める
  3. シンプルで平坦な文章を使う
  4. 吹き出しは一文20文字にする
  5. スクロールで流し読みをする
  6. 読み上げアプリを使って見直す

一つずつ説明しますね。

コツ①:図や表を使って説明する

読みやすいブログ記事には、読まなくても分かることが必要。なので、図や表を使いましょう。

パッと見で分かるので、流し読みでも理解できます。

ため

そして、気になれば熟読されますよ。

コツ②:1スクロール(PC)に収める

各章の情報量は、1スクロール(PC)に収めると良いです。

というのは、スマホだと2スクロールになるから。

スマホで2スクロール以上だと、「長い」と感じます。なので、どんな良い記事でも読みづらくなり、離脱されるのです。

そうならないためにも、1スクロール(PC)で収めましょう。収まらない場合、小見出しを使って章を区切ると良いですよ。

コツ③:シンプルで平坦な文章を使う

ブログ記事を書く際、シンプルで平坦な言葉を使いましょう。理由は単純で、理解しやすいから。

ため

例①と例②を読み比べてください。

同じ意味ですが、どうでしょうか?

物を売る時は、コントラストの原理を使いましょう。

そうすると認知錯覚が起こり、売りたい物が売れます。

例①は何を言っているのか分かりません。しかし、例②は良く分かります。

ため

ブログは分かりやすさが命。

シンプルで平坦な言葉を使ってくださいね。

コツ④:吹き出しは一文20文字にする

吹き出しは一文20文字が良いです。理由は単純で、伝わりやすいから。

名探偵コナンを知っていますか? 「真実はいつもひとつ」が印象的ですよね。

登場人物のセリフは一文20文字なのをご存じですか? アニメでは、「セリフは一文20文字」と決められています。

吹き出しは著者のセリフを伝えるもの。効果を最大化するためにも、一文20文字にしましょう。

ため

言いたいことが伝わりますよ。

20文字で収められないなら30文字以内に収める

とは言うものの、20文字に収めるのが難しい場合があります。

  • 要点をまとめた時
  • 説明が続いたから吹き出しを使う時

そんな時は、8秒間で認識できる35文字以内に収めましょう。

コツ⑤:スクロールで流し読みをする

何度もお伝えしていますが、ブログ読者は基本斜め読みです。なので、自分が書いた記事をスクロールして読んでみましょう。

内容が分かればOK。内容が分からなければ文字装飾を加えると良いです。

ため

これだけでも、読みやすくできますよ。

コツ⑥:読み上げアプリを使って見直す

ブログ記事を見直す際、読み上げアプリを使いましょう。というのは、テンポをチェックできるからです。

読者は記事を読んだ際、脳内で文章を音声に変換。テンポが良いと理解でき、テンポが悪いと理解できません。

ため

なので、読み上げアプリを使いましょう。

ちなみに、読み上げアプリは以下がおすすめ。プレビューを確認しながらでも使えます。

読みやすいブログを書く際の注意点

読みやすいブログを書く際の注意点です。

読みやすいブログを書く際の注意点
  1. 重複に気をつける
  2. 表記ゆれに気をつける
  3. 文章のねじれに気をつける
  4. 文字装飾の使い過ぎに気をつける

一つずつ説明しますね。

注意点①:重複に気をつける

文言の重複には気をつけましょう。というのは、リズムが悪くなって読みづらくなるからです。

ブログを書く際、論理的思考が必要です。なぜなら、論理的に分かりやすくする必要があるからです。

具体的することは

  • 原因と結果を論理的に整理
  • Aを生んだ因子の特定

です。

その後、相手が分かるよう、論理的に説明するのです。

ため

リズムが悪くて読みづらいですよね。

言葉の重複の対策:言い換えを使う

言葉の重複は、言い換えを使うと解決します。例えばこんな感じ。

ブログを書く際、論理的思考が必要です。なぜなら、因果関係を明確にする必要があるから。

具体的には以下2つです。

  • 原因と結果を順序立てて整理する
  • Aを出した因子を突き止める

その後、相手に伝わるロジックで説明します。

ため

スラスラ読めますね!

言い換えを探すなら、連想類語辞典がおすすめ。検索窓に語句を入力すると、類語がズラっと表示されます。

語尾の重複の対策:変化を付ける

語尾の対策には、違う語末を使うと良いです。具体的にはこんな感じ。

今日は良い天気です。

15度もあって暖かい。

なので、散歩がてらに川沿いまで行こうと思っています。

ため

流れるように読めますね!

リズムが良くなるだけで、劇的に読みやすくなります。なので、言い換え・違う語末を使うを意識してみてください。

注意点②:表記ゆれに気をつける

表記ゆれとは、同じ意味なのに表記が異なること。一つのものを複数表記すると、読者が混乱します。

Webライターの需要が高まっています。

インターネットが普及し、企業はWEBサイトに力を入れています。

「うちもウェブサイトで売り上げを立てたい...」

そう思っているので、webライターの需要が高まっているのです。

ため

表記が違と、困惑しますね。

表記ゆれの対策:表記を統一する

表記ゆれの対策は、表記を統一すること。

Webライターの需要が高まっています。

インターネットが普及し、企業はWebサイトに力を入れています。

「うちもWebサイトで売り上げを立てたい...」

そう思っているので、Webライターの需要が高まっているのです。

ため

読みやすくなりましたね!

意味と表記が一貫していると、読者は混乱しません。なので、最後まで読まれます。

ちなみに、日本語表記を学ぶなら以下がおすすめ。辞書引きで、表記の仕方や表記の使い分けが分かりますよ。

この1冊で全表記が分かる。さらに、使い分けも!

注意点③:文章のねじれに気をつける

よく「、。」の前と後で話の意味が違うケースがあります。

これには注意しましょう。非常に分かりづらく、「えっ?」と混乱するから。

私の目標は、ブログで稼ぎたいです。

⇒主語が宣言に対し、述語が願望になっている

ため

分かりづらいですよね。

文章のねじれの対策:読み上げアプリを使って確認する

文章のねじれの対策は、読み上げアプリを使って確認すること。

実際に聞いて、内容が頭に入ればOK。「あれ?」と思ったら、文章がねじれています。

注意点④:文字装飾の使い過ぎに気をつける

文字装飾を使い過ぎると、目がチカチカして読みづらくなります。また、ポイントも分かりません。

1年前に書いた記事
今の記事
ため

1年前に書いた記事は読みづらいですね。

文字装飾の使い過ぎの対策:シンプルにする

文字装飾の使い過ぎの対策は、シンプルにする。文字装飾を必要最低限に抑えるってことです。

ため

具体的にはこんな感じ。

  • 文字装飾は3~4種類
    例:太字、赤字、マーカー
  • スマホ画面で見た際、1画面に同じ装飾は2回

これだけで目の負担が軽減します。「すっきりしていて読みやすい」という印象も与えられますよ。

10倍読みやすくする秘策

最後に、10倍読みやすくする秘策をご紹介します。

10倍読みやすくする秘策
  • 知識を身に付ける
  • 性能を良くする

一つずつ説明しますね。

知識を身に付ける:新しい文章力の教室【基本が学べる】

クリックするとAmazonに移動します

まず知識を身に付ける。新しい文章力の教室がおすすめです。

「良い文章=完読される」という前提で、文章の書き方を解説。文章の構造や作り方などにも触れています。

ブログを書き始めるのにあたって買いました。構造の説明から細かい部分まで順に説明してくれていて、とても良い本です。

この本に書いてある事を守れば適切な文章が書けると思います。是非皆さんにも読んで頂きたいです。

引用:Amazon

性能を良くする:ワードプレス有料テーマSWELL【1mm単位で余白調整】

最後に性能を良くする。1mm単位で余白調整ができるSWELLがおすすめです。

SWELLを使ったら読みやすくできました。直帰率が10%下がり、滞在時間が27%伸びましたね。

\ 圧倒的に読みやすくできる /

一言

知識・技術・性能があれば鬼に金棒。圧倒的に読みやすくなります。

ため

先週までは一日0PV。でも今は一日100PV。

こんなことが普通にあります。

まとめ:ブログの価値は読みやすさ。だから追求していこう!

今回は、読みやすいブログの書き方とコツについて解説しました。

クリックすると見たいところに移動します

「読みづらい」と感じたら、どれか取り入れてみてください。記事が180度変わって、読みやすくなりますよ。

ブログ読者

なにこのブログ!?

めちゃくちゃ読みやすい!!

ブログ読者

何かこのブログからだと買いやすい。

ブログ読者

またまた来ちゃった。

本当このブログ好き!!

そんな未来があなたを待っています!

ため

だからこそ、読みやすさを追求していきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる